よくある性病 保険適応

女性の性病は婦人科 肛門の性病は肛門科を受診してください。

クラミジア 淋病

初診時費用 3割負担で3000円前後

男性では主に尿道炎 潜伏期間は1-2週程度

クラミジア淋菌以外の尿道炎も多いが性感染症で治療は同じ

症状

尿道不快感 排尿痛 排膿(尿道から膿、下着が朝汚れている

検査

尿道分泌液検査 尿検査 PCR 場合によって尿培養検査

治療

初診時淋菌ではセフスパン 淋菌以外ではクラリスロマイシン

淋菌で内服無効の場合はトロビシン注かロセフィン注

クラミジア確定の場合はジスロマックを追加

それ以外で 効果不良の場合はミノマイシン シタフロキサシン

経過

淋菌では2-3回(1週間程度

クラミジアでは3回(3週間程度 治癒確認のPCR必要

非淋菌非クラミジア尿道炎では 1-3回 1-3週程度

​難治性で長引く場合もまれにあります。

尖圭コンジローマ

HPV ヒトパピローマウイルスによる性感染症 潜伏期間は3か月程度

症状

陰茎あるいはその周囲に 丘疹状 乳頭状のいぼ

*肛門の場合は肛門科 女性の場合は婦人科を受診してください。

治療

保険適応で当院で可能な治療は

ベセルナクリーム 凍結凝固治療 切除です。

経過

・ベセルナクリーム

週3回塗布し塗布後6時間程度で洗浄が必要 

副作用でびらん発赤を生じやすい

2週程度で著効する場合もあるが 平均8週間で50%が治癒

・凍結凝固

凍結凝固は液体窒素(-196度)でいぼを処置 

大きさや数にもよりますが通常の診察時間で施行

凍結時に疼痛はありますが。麻酔は不要で痛みは続きません

1-2週で黒色化して脱落します。特別な処置は不要。

通院は2週ごとで大きさにもよりますが 1-2回程度の治療。

・切除 

いぼの周囲に局所麻酔して切除し病理検査

     1週ほどは 自己にて 消毒軟膏処置

     1回の切除での治癒は60% 2回が20% 20%は数回を要します

     切除は火曜日と金曜日の午後の予約治療です。

性器ヘルペス

単純ヘルぺスウイルスの感染症

Ⅰ型は口唇ヘルペス Ⅱ型は性器ヘルペス の場合多くなっています

性器ヘルペスは主に接触感染で 潜伏期間は数日が主

症状

性器に水泡が多発 疼痛があり 破れて潰瘍になります

検査

初発では ヘルペスウイルス検査 再発では 抗体検査

いずれもⅠ型Ⅱ型を判別できます

治療

バラシクロビル投与 5日間

頻回再発性では(年6回以上)予防投与(バラシクロビル1錠を毎日服用)

          バラシクロビル1錠を毎日服用

梅毒

梅毒スピロヘータの感染症

性行為が主な感染経路

症状

陰茎のなどに痛みのない硬結や潰瘍(1期 潜伏期間4週程度

無症状の場合もあります。

検査

血液検査 (2種の抗体検査 

RPR(カルジオリピン 治療経過を反映

TPHA(トレポネーマ 梅毒特異的

 

治療

サワシリン 内服  (ペニシリン注射も保険適応の準備中  

 

経過

4週から8週程度