尿道炎(淋菌、クラミジアなど)b>

  原因 
ほとんどが性行為感染症
     女性の子宮の出口や、咽頭粘膜の細菌が男性の尿道に感染しますので、腟性交でも口腔性交でも感染します。

  原因菌 1淋菌 2クラミジア 3非クラミジア非淋菌性(ウレアプラズマなど)4その他

  潜伏期間 通常は1-2週間程度(1日の場合もある)

  感染確率 最も高い淋菌で30%程度

  症状 
排尿時の痛み、不快感、かゆみ、違和感など。ただし50%は無症状ともいわれる。
     尿道分泌液(黄色、白色、澄明などで、精液のように大量に出る場合から、朝だけ下着が汚れる程度のものまであります)

  検査 
尿道分泌液染色検査(メチレンブルー、グラム染色)  :白血球が一定数以上あれば尿道炎と診断されます。(淋菌がこの白血球の中にあれば、淋菌性尿道炎と診断されますが、培養検査か,PCR検査で確定しています。)

     細菌培養検査 :淋菌の確定、その他の菌の確定と、薬剤感受性検査

     検尿 :尿中白血球の確認 

     尿PCR検査 :クラミジアや淋菌の確定

  治療 1淋菌性尿道炎(いわゆる淋病)
      CFIX 経口投薬
      耐性菌の場合 :トロビシン筋注、あるいはロセフィン静注(点滴)

     2クラミジア尿道炎 3非クラミジア非淋菌性尿道炎
      経口投薬
       テトラサイクリン系(ビブラマイシン)
         ミノマイシンcap
       マクロライド系(クラリシッド)
       ニューキノロン系(クラビット)
         グレースビット
      クラミジアが確定した場合には
       ジスロマックの1回投与

  治癒判定
      1週間後に、尿道分泌液検査、尿検査
      クラミジアの場合には、治癒後1週間程度で、尿クラミジアPCR検査  

 大阪府大阪市北区の泌尿器科 若月クリニック院長より