若月ドクター疾患名別解説・・・かもしれないと言われたら、事前に調べてあわてない。

「・・・じゃない?」「・・・の疑いがあるかもしれません。」そんな風に何気なく言われたら、とても気になるものですね。いったいそれはどんな病気なの?どんな症状?どんな治療をするの?・・・
若月ドクターがわかりやすく丁寧に解説しましょう。

■性行為感染症の概略
 

STD(STI) 性病(性行為感染症)(男女)

性行為で感染する病気のことで 1 局所感染症  2 全身感染症 があります。

◆STD(STI)種類  
1局所感染症
接触部位(性器、口腔など)だけに感染があり、血液中に菌(ウイルス)は存在しない。
▼尿道炎(男性)子宮頸管炎(女性)(淋菌性、クラミジア性、非淋菌非クラミジア性)
ただし放置すると、男性では精巣上体や前立腺、女性では卵管や卵巣、腹膜などに炎症が進行することがあります。
▼性器ヘルペス(男女)(Ⅰ型、Ⅱ型の単純ヘルペス)(感染部位の神経細胞にも感染)
▼.尖圭コンジローマ(男女)(ヒトパピローマウイルス)
▼.ケジラミ(男女)(寄生虫)
▼その他  
軟性下疳(細菌)、伝染性軟属腫(ウイルス)、トリコモナス(男性は尿道炎前立腺炎、女性は腟炎)など

2 全身感染症
接触部位から感染するが、血液中に菌(ウイルス)が存在するので血液からも感染する。
▼梅毒(男女)
▼.エイズ(HIV感染症)(男女)
▼.ウイルス性肝炎(主にB型)(男女)

?