若月ドクター疾患名別解説・・・かもしれないと言われたら、事前に調べてあわてない。

「・・・じゃない?」「・・・の疑いがあるかもしれません。」そんな風に何気なく言われたら、とても気になるものですね。いったいそれはどんな病気なの?どんな症状?どんな治療をするの?・・・
若月ドクターがわかりやすく丁寧に解説しましょう。

■包茎(亀頭包皮炎)(男性)

包茎

 

包茎

真性包茎とは亀頭部が露出できないもので、仮性包茎は亀頭部が露出できるものです。
真性包茎の場合の手術は保険適応ですが、仮性包茎では基本的には手術は不要ですので保険適応もありません。

◆亀頭部と包皮は、通常どのような状態になっているのでしょうか
陰茎の先端の皮を根元のほうへ手繰っていくと、先端の穴の中に少し赤く見える部分が見えますがこれが亀頭部で、先端に尿道が開いています。
通常はこの皮をどんどんめくっていくと亀頭部の全体が見えてきます。
この状態を仮生包茎(包皮という皮が陰茎を包んでいるが亀頭部を露出することができる)といいます。
先端の包皮の穴が狭いと皮をたぐっても亀頭部を完全には出すことができません。 この状態を真性包茎といいます。ただ子供では仮性包茎でも炎症や癒着のために包皮と亀頭部がはがれにくいために真性包茎のような状態になっていることもよくあります。

◆亀頭包皮炎とは
この包皮と亀頭部の間で起こるのが亀頭包皮炎です。尿道には炎症がありませんので、おしっこをするときの痛みはほとんどなく、おしっこがしみて痛い程度です。炎症が起こる原因はこの部分に外部から細菌が入って起こります。
子供の場合には包皮の穴がかなり狭くおしっこをする時に先端部分が一度風船のように膨らんで、尿線も細く、力んでいる場合には、背面切開術という手術が必要な場合があります。ただし炎症などの影響で一時的な場合もありますのでたいていは1-2年経過をみて決めることになります。完全には包皮をたぐれないが、亀頭部の尿道口が見えている場合には急いで手術をする必要はありません。
子供の包茎ではたいてい、軟膏を1-2ヶ月使用すると、包皮がめくれるようになります。

◆真性包茎を放置すると問題があるのでしょうか
成人になっても真性の状態が続いている場合には陰茎癌の発生率が高くなるのが最大の問題です。また性交渉をする場合に、勃起した時に嵌頓包茎といって包皮の狭い部分で陰茎が締めつけられて包皮が腫れてしまう場合があります。
ですから真性包茎では成人するまでには、治療したほうがよいことになります。
高校生以上であれば局所麻酔での手術が可能ですが、小児では全身麻酔が必要になりますので、病院での入院が必要なためクリニックでは手術はできません。

?